PostgreSQL
PHP Manual

PostgreSQL 関数

注意

注意:

すべての関数がすべての構築環境でサポートされるわけではありません。 サポートされる関数は、使用する libpq(PostgreSQL の C クライアント ライブラリ)のバージョンと libpq のコンパイル方法に依存します。 もし PHP の PostgreSQL 拡張モジュールに足りない関数がある場合、 原因は libpq がその関数をサポートしていないことです。

注意:

ほとんどの PostgreSQL 関数は、オプションの第 1 引数として connection を受け付けます。もしこれを 指定しなかった場合、直近にオープンされた接続を使用します。 そのような接続が存在しなかった場合、関数は FALSE を返します。

注意:

PostgreSQL は、オブジェクトの生成時やクエリの実行時に 識別子(例: テーブル名・カラム名)を自動的に小文字に変換します。 この自動変換を防ぐには、識別子をダブルクォート("")でエスケープする 必要があります。

注意:

PostgreSQL には、データベースのスキーマ情報(例: データベース内の すべてのテーブルなど)を取得するための特別なコマンドがありません。 その代わりに、PostgreSQL 7.4 以降では information_schema という標準スキーマが存在し、必要な情報が検索しやすい形式で格納されています。 詳しい情報は » PostgreSQL ドキュメンテーション を参照ください。

目次


PostgreSQL
PHP Manual