String 関数
PHP Manual

sscanf

(PHP 4 >= 4.0.1, PHP 5, PHP 7)

sscanfフォーマット文字列に基づき入力を処理する

説明

mixed sscanf ( string $str , string $format [, mixed &$... ] )

関数 sscanf() は、printf() の入力版です。sscanf() は、文字列 str を読み込み、これを指定したフォーマット format に基づき解釈します。 このフォーマットは、sprintf()のマニュアルに記述されています。

フォーマット文字列の中のあらゆる空白文字は、入力文字列の中の 空白文字列にマッチします。つまり、フォーマット文字列の中にタブ文字 \t が含まれていても、それは入力中の半角スペースにマッチしてしまうということです。

パラメータ

str

入力文字列。

format

str を解釈するフォーマット。 sprintf() のドキュメントにある説明と比べて、以下の違いがあります。

  • ロケールに対応していません。
  • FgG および b はサポートしていません。
  • D は十進数値を表します。
  • i は基数検出つきの整数値を表します。
  • n は処理する文字数を表します。
  • s stops reading at any whitespace character.

...

オプションで指定する参照渡しの変数に、 パースされた値が格納されます。

返り値

この関数のパラメータが二つだけの場合、処理された値は配列として返されます。 それ以外の場合は、もしオプションのパラメータが渡されればこの関数は 割り当てられた値の数を返します。オプションのパラメータは 参照渡しにする必要があります。

format で期待する部分文字列のほうが 実際に str に存在するものより多い場合は -1 を返します。

例1 sscanf() の例

<?php
// シリアル番号を得る
list($serial) = sscanf("SN/2350001""SN/%d");
// 続いて製造日を得る
$mandate "January 01 2000";
list(
$month$day$year) = sscanf($mandate"%s %d %d");
echo 
"Item $serial was manufactured on: $year-" substr($month03) . "-$day\n";
?>

オプションのパラメータが指定された場合、この関数は、代入された値の数を返します。

例2 sscanf() - オプションパラメータの使用法

<?php
// author 情報を取得し、DocBook エントリを生成
$auth "24\tLewis Carroll";
$n sscanf($auth"%d\t%s %s"$id$first$last);
echo 
"<author id='$id'>
    <firstname>
$first</firstname>
    <surname>
$last</surname>
</author>\n"
;
?>

参考


String 関数
PHP Manual