Exception
PHP Manual

Exception::getPrevious

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7)

Exception::getPrevious前の例外を返す

説明

final public Exception Exception::getPrevious ( void )

前に発生した例外 (Exception::__construct() の 3 番目の引数) を返します。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

前に発生した Throwable、あるいはそれが存在しない場合は NULL を返します。

変更履歴

バージョン 説明
7.0.0 返り値の型宣言が Throwable へ変更されました。

例1 Exception::getPrevious() の例

例外トレースをループし、表示します。

<?php
class MyCustomException extends Exception {}

function 
doStuff() {
    try {
        throw new 
InvalidArgumentException("You are doing it wrong!"112);
    } catch(
Exception $e) {
        throw new 
MyCustomException("Something happened"911$e);
    }
}


try {
    
doStuff();
} catch(
Exception $e) {
    do {
        
printf("%s:%d %s (%d) [%s]\n"$e->getFile(), $e->getLine(), $e->getMessage(), $e->getCode(), get_class($e));
    } while(
$e $e->getPrevious());
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

/home/bjori/ex.php:8 Something happened (911) [MyCustomException]
/home/bjori/ex.php:6 You are doing it wrong! (112) [InvalidArgumentException]

参考


Exception
PHP Manual