コアクラス群
PHP Manual

MongoClient クラス

(PECL mongo >=1.3.0)

警告

このクラスを定義している拡張モジュールは非推奨です。 かわりに MongoDB 拡張モジュールを使うべきです。 このクラスの代替として、以下が使えます。

はじめに

PHP と MongoDB の接続を管理します。

このクラスを使って、接続を作ったり管理したりします。典型的な使いかたは、このようになります。

例1 MongoClient の基本的な使いかた

<?php

$m 
= new MongoClient(); // 接続します
$db $m->foo// "foo" というデータベースを取得します

?>

接続の作成に関する詳細な情報は、 MongoClient::__construct() および 接続 のセクションを参照ください。

クラス概要

MongoClient {
/* 定数 */
const string VERSION ;
const string DEFAULT_HOST = "localhost" ;
const int DEFAULT_PORT = 27017 ;
const string RP_PRIMARY = "primary" ;
const string RP_PRIMARY_PREFERRED = "primaryPreferred" ;
const string RP_SECONDARY = "secondary" ;
const string RP_SECONDARY_PREFERRED = "secondaryPreferred" ;
const string RP_NEAREST = "nearest" ;
/* プロパティ */
public boolean $connected = FALSE ;
public string $status = NULL ;
protected string $server = NULL ;
protected boolean $persistent = NULL ;
/* メソッド */
public __construct ([ string $server = "mongodb://localhost:27017" [, array $options = array("connect" => TRUE) [, array $driver_options ]]] )
public bool Mongo::close ([ boolean|string $connection ] )
public bool Mongo::connect ( void )
public array dropDB ( mixed $db )
public MongoDB Mongo::__get ( string $dbname )
public static array getConnections ( void )
public array Mongo::getHosts ( void )
public array getReadPreference ( void )
public array getWriteConcern ( void )
public bool killCursor ( string $server_hash , int|MongoInt64 $id )
public array Mongo::listDBs ( void )
public MongoCollection selectCollection ( string $db , string $collection )
public MongoDB selectDB ( string $name )
public bool setReadPreference ( string $read_preference [, array $tags ] )
public bool setWriteConcern ( mixed $w [, int $wtimeout ] )
public string Mongo::__toString ( void )
}

定義済み定数

MongoClient 定数

MongoClient::VERSION
PHP ドライバのバージョン。中間バージョンの場合は最後に "dev" や "+"、そして "-" がつくことがあります。
MongoClient::DEFAULT_HOST
"localhost"
ホストを指定しない場合に接続するホスト。
MongoClient::DEFAULT_PORT
27017
ポートを指定しない場合に接続するポート。
MongoClient::RP_PRIMARY
"primary"
プライマリのレプリカセットメンバーを 優先読み込み する。
MongoClient::RP_PRIMARY_PREFERRED
"primaryPreferred"
プライマリのレプリカセットメンバーのほうを優先して 優先読み込み する。
MongoClient::RP_SECONDARY
"secondary"
セカンダリのレプリカセットメンバーを 優先読み込み する。
MongoClient::RP_SECONDARY_PREFERRED
"secondaryPreferred"
セカンダリのレプリカセットメンバーの方を優先して 優先読み込み する。
MongoClient::RP_NEAREST
"nearest"
最も近いレプリカセットメンバーを 優先読み込み する。

フィールド

connected

このプロパティに TRUE が設定されるのは、データベース接続がオープンしている場合です。 それ以外の場合は FALSE が設定されます。 レプリカセットへの接続の場合は、現在の優先読み込みにマッチするノードに接続している場合にのみ TRUE となります。 このプロパティは、認証を考慮しません。

このプロパティは、バージョン 1.5.0 以降で 非推奨 となりました。

status

このプロパティはもう使われておらず、値は NULL に設定されます。 バージョン 1.1.x より前のドライバでは、持続的接続を使う場合にここに文字列 ("recycled""new" など) が設定されていました。

このプロパティは、バージョン 1.5.0 以降で 非推奨 となりました。

参考

目次


コアクラス群
PHP Manual