その他
PHP Manual

Mongo クラス [非推奨]

(PECL mongo >=0.9.0)

はじめに

MongoDB と PHP を接続します。

このクラスは MongoClient を継承したもので、 いくつかの非推奨のメソッドが使えるようになります。

過去との互換性のために、コンストラクタの "w" 引数のデフォルトを 0 にしており、書き込み操作のときにサーバー側での確認を必要としません。 詳細な情報は MongoClient::__construct() を参照ください。

警告

このクラスはバージョン 1.3.0 で 非推奨 になりました。 このクラスの機能に頼ってはいけません。代わりに MongoClient を使いましょう。

クラス概要

Mongo extends MongoClient {
/* メソッド */
protected bool connectUtil ( void )
public static int getPoolSize ( void )
public string getSlave ( void )
public bool getSlaveOkay ( void )
public array poolDebug ( void )
public static bool setPoolSize ( int $size )
public bool setSlaveOkay ([ bool $ok = true ] )
public string switchSlave ( void )
/* 継承したメソッド */
public bool close ([ boolean|string $connection ] )
public bool connect ( void )
public array MongoClient::dropDB ( mixed $db )
public MongoDB __get ( string $dbname )
public static array MongoClient::getConnections ( void )
public array getHosts ( void )
public array MongoClient::getReadPreference ( void )
public array MongoClient::getWriteConcern ( void )
public bool MongoClient::killCursor ( string $server_hash , int|MongoInt64 $id )
public array listDBs ( void )
public MongoCollection MongoClient::selectCollection ( string $db , string $collection )
public MongoDB MongoClient::selectDB ( string $name )
public bool MongoClient::setReadPreference ( string $read_preference [, array $tags ] )
public bool MongoClient::setWriteConcern ( mixed $w [, int $wtimeout ] )
public string __toString ( void )
}

目次


その他
PHP Manual